車両から探す

マイバイク

新規会員登録 / ログイン後、登録されている車両が表示されます。

最新オフロードヘルメット重量比較してみました!

  • 詳しいヘルメットの選び方は
  • 簡単に説明すると
  • メーカー:FOX
  • V1ヘルメット
  • メーカー:BELL
  • MOTO-10
  • MOTO-9S FLEX
  • MX-9 MIPS
  • MX-9 アドベンチャー MIPS
  • メーカー:Arai
  • V-CROSS4
  • TOUR CROSS3
  • メーカー:SHOEI
  • VFX-WR
  • HORNET ADV
  • メーカー:WINS
  • X-ROAD
  • メーカー:HJC
  • i50 
  • CS-MX2 
  • メーカー:SUOMY
  • MrJUMP
  • メーカー:NOLAN
  • N702x

こんにちは。オンラインストア担当の鈴木です。

普段はFOX V1(旧型)、モトクロス用にBELL MOTO9-FLEX、MOTO10を使用しています。


さて!約2年の空白期間を経て、FOX RACINGの新型V1ヘルメットが入荷しました!

比較をかねて、ダートダートバイクプラスオンラインストアと同敷地にあり一部在庫を共有する関係の

ダートバイクプラス瀬戸店内で販売中の現行ヘルメット全品の重量をチェックしてみました!

時間の都合上重量等の掲載にとどめましたが、今後記事内容を少しずつ増やす予定です。



詳しいヘルメットの選び方は

詳しいヘルメットの選び方はこちらhttps://www.dirtbikeplus.jp/blog/blog_20210815の記事をご覧頂くとして、

今回はよく話題になる「重量」「サイズ感」や、「公道可否」「レース可否」「快適性」

を、実際に被りつつ簡単にレビューしていきます。


簡単に説明すると

「重量」

・・・軽いほど良いですが、全体バランスやSNELLを取得しているかなども重要です。(SNELL対応ヘルメットは重めです。)SNELL規格は「世界で最も厳しい安全規格」と呼ばれており、、Araiヘルメット様の特設ページが詳しいです。計測誤差が数十グラムある可能性があります。あくまで参考値としてください。カラーモデルかどうかでも多少変化します。

「サイズ感」

・・・メーカーによって微妙にサイズ感が違うのがヘルメット選びの難しいところ。今回比較した鈴木は、完璧なMサイズ頭です(ダートバイクプラス瀬戸店のArai・SHOEI両方のフィッティング資格所有者に確認頂き、周長、幅、高さともにMサイズジャストでした。)

「公道可否」

・・・公道走行できる規格を通してあるかどうかです。

「レース可否」

・・・MFJ公認のレースに出場できるかどうかです。JNCCやWEXでは問われません。公認かどうかはMFJのサイトで確認できます。なお、SNELL規格をパスしたヘルメットはMFJサイト上で「特選」と表示されます。

「快適性」

・・・ベンチレーション有無など。レースで必要なベンチレーション機能が、ツーリングでは逆効果の場合もあります。



メーカー:FOX

世界的オフロードブランドのFOX。

カリフォルニアに本拠地を構え、MXGPやAMAスーパークロスといったレースシーンからツーリングライダーまで支持される。

V1ヘルメット




SCOTT プロスペクトゴーグルなどの大きめゴーグルにも対応します。

メーカー:BELL

MOTO-10

レースのトップシーンで活躍するライダーたちが使用しているMOTO-10ヘルメット。

AMAスーパークロスではイーライ・トマックやクーパー・ウェブが、FMXではアクセルホッジスが愛用。

MIPSをより進化させた「スフェリカルテクノロジー」により、脳への衝撃を緩和。



MOTO-9S FLEX


MX-9 MIPS


MX-9 アドベンチャー MIPS


ツーリング向け、シールドありタイプのオフロードヘルメット。

口元のエアインテークにはシャッターがあり、風をシャットアウトする事も可能。

  • 「重量」(Mサイズ実測)約1650g
  • 「サイズ感」Arai、SHOEIでMサイズの鈴木はMサイズでちょうどよかったです。
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」不可
  • 一言コメント:ツーリングにおすすめ!

MX-9 MIPS アドベンチャー ヘルメット ホワイト

"ALL-TERRAIN EXPLORER" MX-9 アドベンチャーは未舗装のシングルトラックから街中のアスファルト道まで広いジャンルで活躍するクロスオーバーヘルメット。フ...


メーカー:Arai

日本初のオートバイ用ヘルメットを作ったアライヘルメット。

「R75 SHAPE」という丸みを帯びた形状が特徴で、丸く滑らかな帽体で衝撃をかわすように作られています。

内装パーツも多くの種類が発売されており、自分に合わせて変更できるのもポイント。

オンラインストアと同敷地内にあるダートバイクプラス瀬戸店ではフィッティングサービスも行っております。


V-CROSS4


TOUR CROSS3


ツーリング向け、シールドありタイプのオフロードヘルメット。

口元、ひたいのエアインテークにはシャッターがあり、風をシャットアウトする事も可能。

雨天の際に使用することで、ヘルメット内への雨の新入が防げます。

  • 「重量」(Mサイズ実測)約1600g
  • 「サイズ感」Mサイズでちょうどよい。
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」可(MFJレース公認)SNELL
  • 一言コメント:ツーリングにお勧め!安全性が高い!

TOURCROSS3 グラスホワイト

頬よりも、『下アゴ』で支える。どうせ走るなら気持ち良く。2012年、アライは『かぶり心地』まで進化させる。長く走るほど馴染む心地よさ。走りを知るアライが提案する進化した「フィット感」。・スネル2010規格取得の安全性・さらに効率アップしたベンチレーション・微調整可能な新システム内装・整流効果を高めフ


メーカー:SHOEI

ダートバイクプラス瀬戸店はSHOEIヘルメットのフィッティングサービスも可能なショップですが、

オンラインストアではSHOEIヘルメットを販売しておりません。


VFX-WR

  • 「重量」(Mサイズ実測)約1420g
  • 「サイズ感」Mサイズでちょうどよい。
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」可(MFJレース公認)


HORNET ADV

ツーリング向け、シールドありタイプのオフロードヘルメット。

口元、ひたいのエアインテークにはシャッターがあり、風をシャットアウトする事も可能。

雨天の際に使用することで、ヘルメット内への雨の新入が防げます。

他のシールドありタイプのモデルと違い、ゴーグルが使用しやすいバイザーデザイン。

後付けのスピーカーを装着しやすい構造。

  • 「重量」(Mサイズ実測)約1500g
  • 「サイズ感」Mサイズでちょうどよい。
  • 「メガネの相性」良い。眼鏡の当たる部分のスポンジが柔らかく、痛みが少ない。
  • 「公道可否」可


メーカー:WINS


X-ROAD

ツーリング向け、シールドありタイプのオフロードヘルメット。

インナーバイザーを使う事で日差しを低減可能。

口元のエアインテークにはシャッターがあり、風をシャットアウトする事も可能。

後付けのスピーカーを装着しやすい構造。

  • 「重量」(Lサイズ実測)約1620G
  • 「サイズ感」Mサイズ展示品が無いためLサイズを被ったところ、すこし緩いもののツーリングにはよいサイズ。
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」不可
  • 一言コメント:ツーリングに使いやすいギミック搭載、ベーシックモデル。

X-ROAD COMBAT ヘルメット マットアーミーグレー

オプションパーツの組み合わせで合計90パターン!バイザーを取り替えで自分のオリジナルカラーに。

COMBATはバイザーカラーをチェンジして、自分オリ...


メーカー:HJC

現時点で当店在庫が無く、入荷次第情報を追加予定です。

i50 

  • 「重量」未計測
  • 「サイズ感」未計測
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」可

i50 ソリッド ホワイト

オフロード走行では、転倒が多い事に加え、様々なアクシデントが想定されます。HJCは長年の研究成果の1つとして、最新オフロードヘルメット【i50】に【SLID=...


CS-MX2 

  • 「重量」未計測
  • 「サイズ感」未計測
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」可)

CS-MX2 ソリッド SEMI FLAT ブラック

□ポリカーボネートシェル

規格:SG・JIS・MFJ

本体重量:1,504g ※ Lサイズの平均的な重さです


メーカー:SUOMY

MrJUMP


  • 「重量」(Lサイズ実測)1190g
  • 「サイズ感」入り口がかなり狭く、頭の大きい人にはLサイズは厳しい。被ってみれば、Lサイズでちょうどよい。
  • 「公道可否」可
  • 「レース可否」可(MFJレース公認)
  • 一言コメント:とにかく軽い!軽さ重視ならおすすめヘルメット。
  • MrJUMP ヘルメット アンリーシュド BR



    アイポート(開口部)はすこし狭く、ゴーグルが浮き気味です。顔の形によっては小さめゴーグルが推奨。

メーカー:NOLAN

N702x


ツーリング向け、シールドありタイプのオフロードヘルメット。

インナーバイザーを使う事で日差しを低減可能。

口元、ひたいのエアインテークにはシャッターがあり、風をシャットアウトする事も可能。

雨天の際に使用することで、ヘルメット内への雨の新入が防げます。

ゴーグルが使用しやすいバイザーデザイン。

顎部分を外す事ができ、スタイル変更が可能。




随時情報を追加の予定です。

こんな情報が知りたい、ここが気になるといったことがございましたら、ぜひオンラインストアまでお問合せ下さい。

書いた人
オンライン担当鈴木
  • オンライン担当鈴木
  • 半年に1回のペースで乗り換えを繰り返す男。最近イタリアンハスクバーナに目覚め、長く乗る事を決意。

カテゴリから探す

<

ページトップへ

コピーしました!
※クーポンコード欄に貼り付け(ペースト)してください。