車両から探す

マイバイク

新規会員登録 / ログイン後、登録されている車両が表示されます。

冬のオフロードライドに最適なグローブを検証する

  • 冬のぼやき
  • 5つのグローブを暖かさと操作性から比較
    • FOX/ディフェンドプロファイヤー グローブ
    • FOX/リージョン サーモ グローブ
    • ALPINESTARS/SMX-E グローブ
    • DFG/ウインターライドグローブ
    • DFG/アイシクルグローブ
  • どの要素を優先すべきか

冬のぼやき

冬です・・・寒いです・・・。
でも、オフロードで走り出せば暑くなるんです。暑くなるまでは辛いというのがオフロードライダー共通のお悩みだと思います。

以前のコラムでハンドルカバーのお話をしましたが、
本格的なオフロードライドでは流石にハンドルカバーは厳しいですからね。
グローブ単体での対処が必要です。

とは言え、一般的な冬用のモコモコしたグローブでは操作性に難があるので
オフロードでは実用的ではありません。動きやすさを極力スポイルせず、それなりの暖かさを持ったグローブが望ましいと言えます。

当店で販売しているオフロードに使えそうなグローブを5つ集めて比較してみました。
と、言うわけで今回のお題です。

各メーカー、各モデルそれぞれに特徴があるので、
写真を交えて細かく解説していこうと思います。

5つのグローブを暖かさと操作性から比較

FOX/ディフェンドプロファイヤー グローブ




比較的薄手で、プロテクターを廃したデザインで動きやすさ抜群。
手首は長めになっているので、袖口からの風をシャットアウトしてくれます。
自転車用シリーズのモデルですが、バイクでも問題なく使用可能です。

FOX/リージョン サーモ グローブ




リージョン サーモ グローブ ブラック(2021)

スリムなデザインで操作性を失うことなく、効果的に防寒機能を発揮する
ウインターシーズンでのオフロードライディングのために設計された断熱性の高いラ...

基本的な作りがモトクロスグローブと同じで、手の甲側を防寒素材で構成したのがこのグローブ。
手のひら側は普通の作りなので、操作における違和感がほぼありません。
いつものグローブからスムーズに移行できますし、寒い日ならそのままレースに使用してもOKです。

ALPINESTARS/SMX-E グローブ




SMX-E グローブ ブラック/アントラシート(2021)

人間工学に基づいて開発されたストレッチ素材を使用した軽量グローブ。・ 手のひらには耐久性のあるスエード生地を採用し。・甲部には優れたプロテクション性を持つフィンガープロテクターを配置。・CE認定取得。・CE認定のオフロードグローブ。

ナックルガード=ゲンコツを装着して、防御力に優れたタイプ。
この手のゲンコツグローブはちょっと動きにくいイメージがあるのですが、
不思議と違和感なく操作出来るのが好印象。
操作性ではFOXに近いレベルでありながら、しっかりガードしてくれるので
性能のバランスは一番良いかな、というところ。

DFG/ウインターライドグローブ



ウィンターライドグローブ ブラック

モトクロスグローブのような操作性と、防寒性をあわせもつウィンターライドグローブ – 軽快なフィッテイングとダイレクトな操作性。– 防風/透湿ストレッチのソフトシェル生地がフィット感を高める。– 1枚革で構成された手の平はグリップとの一体感を提供。– 手の甲側は手の動きを妨げないソフトナックルガードを採用。– タッチパネル対応(親指/人差し指)。– 手のひら側は薄型設計でグリップヒーターにもおすすめ。

ウィンターライドグローブ グレー

モトクロスグローブのような操作性と、防寒性をあわせもつウィンターライドグローブ – 軽快なフィッテイングとダイレクトな操作性。– 防風/透湿ストレッチのソフトシェル生地がフィット感を高める。– 1枚革で構成された手の平はグリップとの一体感を提供。– 手の甲側は手の動きを妨げないソフトナックルガードを採用。– タッチパネル対応(親指/人差し指)。– 手のひら側は薄型設計でグリップヒーターにもおすすめ。

ダートフリークブランド=日本のサイズ規格なのでFOXやALPINESTARSに比べ小さめのサイズ感です。
こちらもゲンコツ付きですが、ちょっと手を握りこんだ時に突っ張り感があります。
暖かさは中々のもので、今回紹介するグローブの中では2番目の性能。

また、このモデルのみ、スマホのタッチ操作に対応しています。
タッチの感度は十分実用レベルですね。

DFG/アイシクルグローブ


アイシクル グローブ ブラック/ゴールド

軽い操作性と、ストレッチ性を兼ね備えた、アクティブウィンターグローブ。HiPORAR防水透湿インサート内に薄手の中綿を入れる事で保温性を確保。手のひら全体には全面グリップ加工(シリコンプリント)を施す。グローブのカフはストレッチ素材を使用し、手首周りのごろつきを軽減。さらn風の巻き込みを防ぐ。【機能

アイシクル グローブ カモ/グレー

軽い操作性と、ストレッチ性を兼ね備えた、アクティブウィンターグローブ。HiPORAR防水透湿インサート内に薄手の中綿を入れる事で保温性を確保。手のひら全体には全面グリップ加工(シリコンプリント)を施す。グローブのカフはストレッチ素材を使用し、手首周りのごろつきを軽減。さらn風の巻き込みを防ぐ。【機能

今記事のグローブで最も暖かいのがこのアイシクルグローブ。
防水なので、雨の日も雪の日もOKです。防水インナーと中綿の厚みもあるので
操作性では他のグローブに譲りますが、ゆるっと林道ツーリング程度ならば苦にならないレベル。
手首が長く伸びているので風も入りにくくなっています。



どの要素を優先すべきか


上記の特徴をチャートにまとめるとこんな感じになります。(画像クリックで拡大)

我ながらわかりやすい・・・(^_^)v

動きやすさ・暖かさ・プロテクションと、全ての要素が完璧だったら理想なのですが、
現実はそうもいかないので、自分の優先すべき要素を決めて選んで頂くのがよいのではないかと思います。


オフロードバイク用品買うなら!ダートバイクプラスを是非どうぞ!

書いた人
寺尾 拓郎(てらお たくろう)
  • 寺尾 拓郎(てらお たくろう)
  • トレールバイクに愛を注ぐ男。XRが好きです。CRF250Rと仲良くする日々です。

コラムカテゴリー

タグ

カテゴリから探す

<

ページトップへ

コピーしました!
※クーポンコード欄に貼り付け(ペースト)してください。