ムースタイヤ交換・チェンジャーなしの場合

ムースタイヤ交換は簡単だよ!というのを長々と語ってきたわけですが、
チェンジャー買わないといけないのは敷居がねぇ・・・という声もあるかと思います。
安心してください、なくても大丈夫です!
レバーが6本~10本くらいあればチェンジャー無しでもやれるものなんですよ。
それじゃタイヤを外すところからやってみます。
IMG_2705
まず、ビードブレーカーが無いためレバーがそのままでは挿さりません。
手に2本のレバーを用意して一本のレバーでビードを落としその隙にもう一本のレバーを挿す、
という方法でレバーを挿していきます。
この要領でどんどん挿していきましょう(^_^)
IMG_2707
IMG_2708
こんな感じに針山のごとく挿します。
なんでこんなに挿すかというと、通常のタイヤ交換の様に一本一本挿してはめくり、
ということが出来ないのです。
もう一つはビードブレーカーに変わってビードを落とした状態をキープするためというのが理由。
と、いうわけでこれだけ挿したらどんどんめくっていきます。
IMG_2709
片側のビードを全部めくったら、ホイールをひっくり返して下へ押します!押します!
IMG_2710
あとはビードストッパーのあるポイントを始点にレバーを2本引っ掛け、タイヤを下に落っことせばOK!
IMG_2726
これでタイヤの外しが完了です。
タイヤが固くて中々下に落ちないときはプラハンマーでビードをどつくのも良いですよ。
結構効果的なんです。

じゃ、次はタイヤをはめていきましょう。
と言ってもほとんどはチェンジャーのときと同じです。
元々ビードブレーカーの必要ないところなので、ビードストッパーを始点にレバーで下面をいれていくだけ。
IMG_2728
ちょっと違うのはもう上面を入れるところです。チェンジャーのようにレバーをロックすることは出来ないので、
ビードキーパーを使用して始点をロックします。
IMG_2734
あとはレバーをどんどんめくっていくわけですが、徐々に手応えが固くなってくるので、
常にビードを落とすことを意識しましょう。無理にレバーをめくらないように。
あんまり固いようだったら、外すときのように沢山レバーを挿した状態で作業すると入れやすくなります。
IMG_2738
最後のところはハンマーで一撃。手で押すだけでも入るかな?
そんなわけでチェンジャー無しでもタイヤはまりました!
IMG_2739

レバーが沢山あればチェンジャー無しでもムースは入りますし、外せます。
これで一気に敷居が下がった気がするでしょ~(^^)9m
さぁ、ムース入れてみませんか!!

ムースタイヤの入れかた

IMG_2666
全開はムースタイヤの外しかたをご紹介しましたので、今回はムースタイヤの組み込みです!
今回も作業は山Pがやるよ!
IMG_2672
まずは、この画像では省略していますが、ムースに付属のジェルをたっぷり塗りましょう。
このジェルはムースの保護に大切なのでサボっちゃダメですよ。
そしたらタイヤの中にムースを仕込んでいきます。こぶしを立てて押しこむとやりやすいですよ。
IMG_2678
タイヤの中にムースを仕込んだらビードクリームを塗ります。
これもケチらずたっぷり塗るのが作業を楽にするポイント。
IMG_2679
それでは片面のビードからホイールにはめていきましょう。
作業の邪魔になるのでビードストッパーのある部分からはめます。
IMG_2682
IMG_2684
ある程度手で押してはまったら、膝でタイヤを抑えつつレバーで入れていきます。
チューブよりどうしても手応えは固いので、欲張らずにちょっとづつ入れていくのがポイントです。
IMG_2686
片面が入りました。
次は手前の面を入れていきます。
IMG_2687
で、作業の前にワンポイント。
ビードストッパーの位置ですが、ビードブレーカーから90度辺りにセットしておくとやりやすいです。
これの位置がブレーカーのすぐ近くだと作業の邪魔になりますし、最後に入れるにもやり辛いので。
じゃ、入れていきますか~。
IMG_2688
まず、始点はビードブレーカーのところから。
レバーをめくって、チェンジャーに付いてるフックにロック出来るようになっています。
ここは一旦ロックすれば外れる心配は無いので、ここを始点にしてサクサク入れていきしょう。
IMG_2691
ビードストッパーの部分はレバーでタイヤに押し込みながらレバーをめくっていきます。
IMG_2693
更にビードを入れていくわけですが、ここでポイント。
↓の画像のところまで入れていくと、非常に手応えが固くなってきます。
このまま力任せに入れようとしてもビードがブチブチ千切れるだけなので注意。
IMG_2697
なので、指で指しているとこにレバーを挿したまま残しておきましょう。
タイヤ交換の基本である、レバーをめくる部分の反対側のビードを落とすという理屈です。
ビードキーパーを挿しておくでも良いですよ。
IMG_2700
ここまでビードが入ったら、あとはビードブレーカーで押し入れます。
IMG_2701
IMG_2702
こんな感じに!
ってなわけで完成です(^_^)ビードストッパーのナットを締めるのを忘れないようにして下さいね!
IMG_2703
3回にわたってムースタイヤのご紹介をお送りました。
やればわかる、ホントに簡単ですよ。
今回はムースタイヤチェンジャーを使用しましたが、別になくったって出来ます!
次回はチェンジャーなしでムースタイヤ交換にトライ~

ムースタイヤの外しかた

前回に続いて、ムースを実際に着脱してみましょう(^_^)v
ユニットから別売されているムースタイヤチェンジャーを使って作業します。
まずはこのムービーを見てね。

df社員のジャイが作業を行っています。
サクサク進むので簡単そうに見えますが、ホントに簡単です。
彼は片手でリンゴを粉砕するパワーがありますが、そんな力がなくても大丈夫です。
ムースタイヤと言えど、理屈は普通のタイヤ交換と変わりません。

IMG_2644
新入アルバイトの山本くんが作業します。それでは外すところから!
まず、ビードストッパーのナットは外しておきましょう。
そしたらビードブレーカーを使って、ビードを押し下げつつレバーを挿します。
IMG_2647IMG_2650
内圧がパンパンだけにこうやってレバーを挿す必要があるわけです。
パンクの心配は無いので、深々と挿しちゃって大丈夫!
IMG_2654
等間隔に三本差し込んだら、レバーを持ち上げてめくっていきます。
このとき、あまりにも固いようだったら、反対側のビードをブレーカーで押してあげるとやりやすくなります。
IMG_2655
レバーを抜いて↑こんな状態に。
そしたらホイールをひっくり返します。
あとはビードブレーカーでタイヤを下側へ落とす!プッシュプッシュ!
IMG_2658
IMG_2659
この際、ビードストッパーの部分は引っかかるので、レバーでかわしてあげて下さいね↓
IMG_2663
ここまで来るとスルリとタイヤが下へ外れます。と、いう訳でムースを外してみました!
この間5分も掛かっていません!超簡単!
IMG_2665

いざやってみるとチューブタイヤよりよっぽど簡単です。
明日はムースの取り付けに挑戦!!

DRCメタムース

IMG_2740
DRCからまさかのタイヤムースが新登場です。
ムース・・・昔からあるアイテムですが、近年まであまり一般的ではありませんでした。
数年前だとミシュランのビブムースくらいしか無く、高額で入手性も悪かったんですよね。
また、着脱が難しいというイメージもその理由でしょう。

しかし、昨年からダンロップがムースを市販化し、価格と入手性がぐっと良くなりました。
エンデューロに限らず、モトクロスでもムースの使用はIA以上のライダーでは常識になりつつあります。
チューブと違って空気を使用しない発泡体なので絶対にパンクしません。いいよね~。

IMG_2742
ってなわけでダートフリークでもムースを出したわけでございます。
このムースの特徴は、初期の状態から低圧設定になっているために、すぐに実戦で使用することが出来ます。
これは嬉しい!

通常ムースというのは新品の状態だとパンパンに張っていて、空気圧で言うと、1.5-2.0程度に相当します。
ダンロップのカタログだと0.9相当と書いてありますが大ウソ。
IMG_2746
ダンロップにしろ、ビブムースにしろ、結構慣らして使わないと厳しいです。
ムースは熱で劣化して収縮するため、ある程度の「慣らし走行」で劣化させてムースを収縮させることで圧の調整をします。
DRCのメタムースもここは同様で、ハードエンデューロなど、極端な低圧で使用する場合には
沢山走ってムースを収縮させましょう(^_^)ゲロばっかりじゃなくてモトクロスもしようぜってことだね!

IMG_2743
IMG_2744
また、ムースは走行中の熱・摩擦から保護するために専用のジェルを塗布します。
これでヌルヌルにしてからタイヤに仕込みます。
このジェルは定期的に再塗布してあげることがムースを長持ちさせるポイントですね。
昔からこのジェルが高いとか入手し辛いとか言われてましたが、
DRCでは大容量1kgまでラインナップしております。
価格もとても安いですよ、1kgで税抜き5,800円、500gで3,000円、80gで500円です。

次のブログでこのムースの着脱を解説してみましょー。

ダンロップムース

IMG_7604IMG_7600
ダンロップよりムースが発売になりました。
3~4年前でしょうか?ダンロップサポートライダーが使用するようになり、
ようやく国内でも販売となりました。
モトクロスでもワークスや上位陣はほとんどムースのようですね。パンクからのリタイヤが皆無、というメリットは確かに大きい!

まず、ムースとはなにか?と言うところから。
IMG_7601
ムースとは英語で泡という意味ですが、名前の通り、弾力のある発泡体で、
これをチューブの代わりにタイヤの中に組み込みます。
釘を踏もうがリム打ちしようが、漏れる空気がないため物理的にパンクしないというもの。
重さはスーパーヘビーチューブと同程度か、もうちょっと重い感じですね。

ただし、万能ではありません。
まず、一定上の熱が加わると劣化が進むため、長く使えるものではないと言うこと。
生モノなので、放っておいても劣化していきます。
持って1シーズン。使い方では数レースでの交換も必要です。
逆に、初期の状態ではパンパン過ぎるので、ある程度ヘタらせた方が良いですね。
ダンロップカタログには新品で90kpa相当とありますが、もうちょっと高いと思います。
鈴木健二選手や内山祐太郎選手によると、1.2キロくらいの印象だとか。
今月号のダートスポーツ、IAカズトのインプレでは2キロくらいあるとも書かれています(^^;)

特にエンデューロやマディだと意図的に空気圧を落として走るわけですから、
ムースも相応にヘタらせておいた方が良いですね。

d36_51_201_detail01
また、交換にはムースタイヤチェンジャーも欲しいところです。
空気がパンパンに入った状態のチューブを入れる・・・と考えるとわかりやすいと思いますが、
しっかりビードを落としてやらないと到底交換できないので、こうした専用の作業台が欲しいですね。
パワーでやり過ぎてもビードが千切れちゃいますのでご注意(^^;)

サイズは21インチ、19インチが2種(100/90-19&110/80-18用と110/90-19&120/80-19用)、18インチの3種です。
価格は税抜で21インチが15,600円、19インチが16,800円、18インチが17,500円です。
生モノなので通常在庫はしておりません。
ご注文対応となりますが、納期は早めです。パンクに懲りた方、いかがですか!!