• 新しいお客さま

    • マイページ
  

ラインナップ

PROFEST / プロテクション・エンジンガード PROFEST / プロテクション・エンジンガード

詳細画像

PROFEST / プロテクション・エンジンガード 詳細画像(1) PROFEST / プロテクション・エンジンガード 詳細画像(2) PROFEST / プロテクション・エンジンガード 詳細画像(3) PROFEST / プロテクション・エンジンガード 詳細画像(4) PROFEST / プロテクション・エンジンガード 詳細画像(5)
PROFEST

プロテクション・エンジンガード

   

 

送料無料

販売価格(税込):
64,584~67,824 円
ポイント還元: 646~679 Pt (1%)
メーカー:
HONDA
車種:
CRF1000L AfricaTwin
年式:
カラー:
数量:

商品説明

フロントカウル、ラジエーター、クランクケースの3箇所を確実に守り、保護するエンジンガードとしての機能。アドベンチャーモデルに必要とされる強度と、転倒後にも再スタートできることを目的とした設計。エンジンガードであっても無骨なだけではなく全体像として魅せる姿、ディテールでも所有欲を十分に満たせる仕上がり。
強いことだけがエンジンガードの役割ではない。そんな思想から生み出されたプロフェストからの提案です。

・転倒時に破損することで走行不可となる可能性の高いクランクケース。過度な保護機能はライデングブーツとの干渉や長身なライダーは膝があたる事もあります。プロフェストは十分な強度と計算されたフレームワークにより、最低限のスペースでその目的を達成します。
・転倒時にガード全体が変形し、軽微な転倒にもかかわらず車体へのダメージを増大してしまう可能性もあるエンジンガード。プロフェストはガードと車体の結合を片側3点支持に設定、強度不足による二次被害を引き起こす可能性を軽減します。
・フロントフォーク周辺のフレームワークは一定以上のダメージで変形させることを前提に設計、車体フレームへのダメージを軽減します。クラッシャブルゾーンでありながら実用域の強度を保つ為に六角形の構造体を採用しました。
・フロントバーは一般的なレイアウトではカウルを覆うように配されますが、プロフェストではカウル下部に配置。必要十分なガード機能を保ちつつ、スタイリッシュに仕上げられた車両本来のデザインを損なわない設計です。
・クラッシャブルゾーンとして設計された箇所にはメイン素材とは違う素材を設定。ラジエター側にはアルミのプレートを採用しダメージを受けた際に面でダメージを分散、ラジエターを破壊し難く設計しました。フロントバーにはφ19.1を採用し、ここが曲がることでダメージを受けた反対側への影響を最小限に抑えます。
・物理的に守ることだけがエンジンガードの役割ではありません。乗車時にもガードの位置(車幅)を目視で確認できるので「見える安心感」を演出。「意識の無いところ」でエンジンガードをぶつける事もなくなります。

材質[素材] : 炭素鋼鋼管(STKM13A)
サイズ : パイプサイズ:φ25.4 t=2.0 ※フロントバーにはφ19.1を採用
重量[キログラム] : 3.9(kg)
仕上げ(表面処理) : 粉体塗装(パウダーコーティング)

   

ご注意ください

※取付の際、左ラジエータグリル(樹脂製)の一部をカットする必要があります。

 
  
  
       
  

営業日

2017年12月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2018年1月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

セキュリティー


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。