• 新しいお客さま

    • マイページ
  

ラインナップ

詳細画像

ZETA / チタン アクスルシャフト 詳細画像(1) ZETA / チタン アクスルシャフト 詳細画像(2) ZETA / チタン アクスルシャフト 詳細画像(3) ZETA / チタン アクスルシャフト 詳細画像(4) ZETA / チタン アクスルシャフト 詳細画像(5)
ZETA

チタン アクスルシャフト

   

 

送料無料

在庫あり

販売価格(税込):
56,160~108,000 円
ポイント還元: 2,808~5,400 Pt (5%)
タイプ:(在庫)
数量:


商品説明

ZETAチタンのフラッグシップ。64チタンのアクスルシャフトは高強度・軽量・しなりの3つの特性を併せ持つ。64チタンは強度においてオートバイ部品の中で最も強いクロモリ材に匹敵しつつも、重量においてはクロモリや鉄の約56%のため、大幅な軽量化が実現可能となった。剛性においてはクロモリや鉄の半分程度の弾性率しかないため低剛性であるが、これによって起こる "しなり"がサスペンション効果を生む。また、高強度化に伴って増える路面情報をソフトに伝達する。ZETAチタンアクスルシャフトはスポーツ走行するうえで正に最適なパーツである。

   

ご注意ください

※レースに使用する際は必ずレースレギュレーションをご確認ください。
※対純正減量値は試作品と純正の比較数値であり製品とは若干異なる場合があります。

 

備    考

軽量・高強度・そして "しなる" それがZETAのチタンアクスルシャフト

< 軽量 >

Ti-6AL-4Vの引張強度はクロモリ(SCM435)に匹敵する900〜930Mpa。純正と比較して高強度になることで、路面からの情報がより多く、よりダイレクトに感じ取ることができる。今まで感じとることができなかった路面の凹凸を感知することが可能になる。


< 高強度 >

Ti-6AL-4Vの比重は約4.4。 これは純正のアクスルシャフトに用いられる鉄(SS400)や炭素鋼(S45C)またはクロモリシャフト(SCM435)の比重7.8に対し約56%程度になる。同じ質量でアクスルシャフトを製作した場合、64チタンは約44%前後の軽減が可能になる。アクスルシャフトの軽量化はバネ下重量の軽減となり、左右の切り返し、コーナーへの進入が軽快になり操安性・路面追従性が向上する。また、加速性・減速性のほか、制動性、さらには燃費をも向上させる。


< "しなり" 特性 >

Ti-6AL-4Vのヤング率は鉄やクロモリの約半分の106GPa。ヤング率とは剛性や弾性を表すものであり、数値が高いほど高剛性となる。一般的に"高強度=高剛性"と思われがちで、64チタンも当然のように高剛性と思われているが、実際は鉄の半分の剛性しかない。従って変形しやすいが、変形には元に戻ろうとする弾性変形と永久に変形する塑性変形がある。64チタンは弾性変形の範囲が広く "しなる" 。このしなりがサスペンション効果を生みだし、高強度化に伴って増える路面情報をソフトに伝達してくれる。

  
  
       
  
  

営業日

2017年8月の定休日
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
2017年9月の定休日
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

※赤字は休業日です

セキュリティー


このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。